FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by ひろのぶ。 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セメスター終わり Part1

Posted by ひろのぶ。 on 25.2011 未分類   0 comments   0 trackback
どこの大学もセメスターの終わりが近づくとなんやかんや忙しくなってきます。

このジャズ科では実技テスト、各クラスの筆記テスト、レポート、アンサンブルクラスのコンサート。

(これに併せて自分は英語のクラスの5ページにわたる論文やテストがあった....)

アメリカの大学は卒業するのが難しいとよく言うが、この科にも同じ事が言える気がする。

自分の場合はこの学校を2年かけて卒業する予定だが、何ぶん必修が多い学校なので

一つでも授業落とせば必修が終わらず卒業が半年遠のくという、かなり緊張感ある学生生活だ。

全部の準備をするために朝早く学校に行って日付変わる頃に帰宅という幸せな生活w

切羽詰まってたなー。

そんな中のある一日。


この日はアンサンブルクラスのレコーディングとまた別のアンサンブルクラスのコンサート。

最初から割り振られてるアンサンブルクラスはコンサート(30分)とレコーディングをする機会があたえられてて

自分で余分に取れるアンサンブルクラスはコンサート(1時間)をする機会が必ずある。

昼間にレコーディングになってて今までクラスで練習してきた曲を一発録り!

だいたい15曲くらいかな。アルバムできちゃうよ。

レコーディング前の様子
リズム隊は早めにきて準備中。。

意外とすんなり半分くらい録り終わったところで休憩~

教室で休んでるとあの大御所ドラマーCharli Persipが入ってきた!

このクラスの先生 Jimmy Owens(Tp)に用があったみたい。

昔話で盛り上がってて、「あのときにフィリーが~」とか聞こえちゃったけど

その時代を生きてきた人たちなんだな~となんかしみじみ思ってしまった。

チャーリーが「俺は今から練習がある。」って言って帰ろうとすると

ジミーが「俺の自慢のアンサンブルクラスを聞いてけよ」って。

よけいな事言わんといてー。すごく緊張したけど音楽をやりだしたらとりあえずリラックスで。

終わった後アドバイスもらって

「全ての動きにもっと集中して独立させるんだ。トータルのサウンドでなんとなくやるんじゃない。

全てがリズムになってこそ音楽として機能するんだ。」

おお。確かに雰囲気を作ろうとする意識が行き過ぎてそういう事がおろそかになってたのを

一発で見抜かれた。音楽的にとはそういう事でもあるんだなー。

勉強になります。

もう半分録り終わり、2時間くらいで全部終了。

お疲れさんです。

と言ってる間もなく、コンサートのためのリハとサウンドチェックがあるので

パフォーマンススペースへ。

今回はピアノトリオです。

え?オリジナルで新曲?今から?

リハで少し合わせたけどすごい不安w!

リハが終わったあと急いでピアノでコードだけでも覚えて流れをつかんでおかないと。

うー、ステージ上がる前は少し緊張するな。

問題のオリジナルがこれ(クリック!)

割といい感じじゃんってなったのがチェルシーブリッジ

終わった後あんまり事故なくてほっとしたーって感じたけど

やっぱり楽しい!!

今回のレコーディングもこんさーともこれら全て学校が録音してくれて翌週くらいに

学校の資料室のパソコンにアップされてあり、誰でもいつでもアクセスできるようになってる。

かゆいとこに手が届く感じで、やっぱりしっかりした学校ですね。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hnozawa.blog71.fc2.com/tb.php/11-4a4f92d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。